【米GM 2020年の新車】新型シボレー・サバーバン/タホ/トレイルブレイザー/GMCユーコン

2020.02.07

サマリー

米GMが、今年の新モデルを明らかにしました。シボレー・サバーバン、タホ、GMCユーコンの名前も挙がっています。写真でご紹介します。

もくじ

ハマー、EVで復活
2020年の新モデルは?
新型トレイルブレイザーも

ハマー、EVで復活

米GMが、2019年通年の業績を発表し、その中で2020年の展望を明らかにした。

昨2019年からGMは、全車電動化の未来に向けた取り組みを進めている。最近では、EVトラックおよび全電動SUVの生産を行うために、デトロイト・ハムトラミック工場に22億ドルを投資すると発表したばかりだ。

新型シボレー・タホ
新型シボレー・タホ

この計画には、既報の新型GMCハマーEVが含まれているほか、2021年秋には電動ピックアップ・トラックの生産が始まることも明らかになっている。

2020年の新モデルは?

2020年度にアメリカ市場に投入する新型モデルの計画については、セグメントをリードするGMの新型フルサイズSUV「シボレー・サバーバン」「シボレー・タホ」「GMCユーコン」「GMCユーコンXL」「キャデラック・エスカレード」が導入されるという。

このうち、新型エスカレードには進化した運転支援機能「スーパー・クルーズ」が搭載される予定で、自動レーンチェンジ機能も採用される。

新型GMCユーコン・デナリ
新型GMCユーコン・デナリ

本機能は、新型「キャデラックCT5」「CT4」にも装備される予定だ。

新型トレイルブレイザーも

また、今春には「シボレー・トレイルブレイザー」および「ビュイック・アンコールGX」が北米で発売されることから、「クロスオーバーの好調は今後も続く見込み」としている。

2020年は、新車投入、コスト削減策の継続、米国における在庫の削減によって、年初から利益を追求していく考えを表明しているGM。

新型シボレー・トレイルブレイザー
新型シボレー・トレイルブレイザー

マクロ要因によって利益の一部が相殺されることも考えられるとしながら、1株当たりの利益は前年と同レベルになる見通しとしている。

 
最新海外ニュース

人気記事