【なぜ?】メーターに液晶パネルを採用するクルマが増えている理由とは フル液晶がトレンド?

2020.03.22

サマリー

運転に必要な情報を表示してくれるメーターパネル。メーカー/車種によってさまざまです。ココ最近、アナログメーターが液晶パネルに置き換わり、グラフィックで再現することが増えました。理由を探ります。

もくじ

物理メーターを廃したフル液晶メーターが増
アウディ、なぜ液晶パネル導入?
ホンダはベーシックカーのフィットに採用

物理メーターを廃したフル液晶メーターが増

text:Kouichi Kobuna(小鮒康一)

クルマを愛するものにとって、エクステリアの流麗さは言わずもがなであるが、運転中常に目に触れる内装もまた重要な要素と言えるのではないだろうか。

特に運転に必要な情報を表示してくれるメーターパネルは、メーカーや車種によってさまざまな個性を持ち合わせている。メーターパネルを見るだけで車種を特定することも容易という人も少なくない。

ここ数年で登場しつつある、物理メーターを廃したフル液晶メーター。
ここ数年で登場しつつある、物理メーターを廃したフル液晶メーター。

1980年代初頭においてはとにかく多くのメーターが並んでいることがもてはやされた時代でもあり、アナログ時計までもカウントして「6連メーター」とうたう車種があったほどだ。

また、80年代中盤からはデジタルメーターがトレンドとなり、高級車からスポーツカー、果ては軽自動車までもがこぞって採用していたことも懐かしい。

このように時代の流れに合わせてその姿を変え続けてきた自動車のメーター類。最近ではメーターの一部に色鮮やかなカラー液晶パネルを用いて、必要な情報をグラフィカルに表示してくれる車種も珍しくなくなってきた。

そしてここ数年で登場しつつあるのが、物理メーターを廃したフル液晶メーターだ。新たな時代の幕開けを予感させるアイテムだが、そこにはどんな狙いがあるのだろうか?

 
最新海外ニュース

人気記事