【小型EV】アルファ・ロメオ、アウディQ2サイズのEV投入へ 2022年めど PSAの技術利用が濃厚

2020.06.01

サマリー

アルファ・ロメオが、ミドルサイズSUV「トナーレ」につづく、EV(電気自動車)を投入する予定です。アウディQ2サイズの小型SUVで、トナーレとは異なるデザインになるようです。関係者の声も手にしました。

もくじ

アルファがアウディQ2サイズのEV投入へ
年間40万台目標 2台のSUVがキー
小型EV 外観に個性が与えられる
PSAのプラットフォーム使用が有力
排気音がないのに、アルファと言える?

アルファがアウディQ2サイズのEV投入へ

text:Rachel Burgess(レイチェル・バージェス)
translation:Taro Ueno(上野太朗)

アルファ・ロメオは、初のEV投入を2022年めどに目指している。

新規投入されるEVは、アルファ・ロメオが抱えるSUV群のなかでもっともコンパクトなモデルとなる。たとえばアウディQ2が近い。

アルファ・ロメオ小型EVコンセプト AUTOCARイメージ
アルファ・ロメオ小型EVコンセプト AUTOCARイメージ    AUTOCAR

2019年12月にFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)とPSAグループが対等合併の覚書を交わしたことでEV開発が加速するとの見方もある。

なお既報のとおり、アルファ・ロメオは、2021年前半の投入を目指してミドルサイズSUV「トナーレ」を開発中。こちらはPHEV(プラグインハイブリッド)になる。

年間40万台目標 2台のSUVがキー

振り返ると、2018年にアルファ・ロメオは8Cの後継車とGTV(ジュリアのクーペ版)の計画を明かしている。

しかし、それ以降、ラインナップ拡充に大きな動きはない。そのうえ、いまやベテランモデルとなったジュリエッタは、本国では2020年後半に終売となることが明らかになっている。

アルファ・ロメオ・ジュリエッタ
アルファ・ロメオ・ジュリエッタ    AUTOCAR

そうなれば、アルファ・ロメオジュリアとステルヴィオの2台体制となる。2021年にトナーレ、2022年にEVの小型SUVがくわわれば4台体制が完成するというわけだ。

年間40万台の目標も夢ではない。

外観はどうなるのだろうか?

 
最新海外ニュース

人気記事