[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

フォルクスワーゲン・ゴルフ 現行型の集大成、マイスター・シリーズ発売

2019.06.04

100字サマリー

新型VWゴルフの発表を前に、現行型の集大成モデルが、日本で発売されました。「マイスター」シリーズが、ゴルフ3車種に加わります。306.9万円~。

バリアント/オールトラックにも

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、安全性と快適性を向上させた、現行型ゴルフの集大成となる特別仕様車を発売した。

ゴルフ・マイスター
ゴルフ・バリアント・マイスター
ゴルフ・オールトラック・マイスター

という3モデル5グレードである。

現行型は、MQBプラットフォームを採用した最初のモデルとして設計。軽量化や高剛性化による走行性能の向上や、ACC、Lane Assistなどの先進安全技術を搭載し、2013年に日本導入された。

それから6年が経過した今、現行モデルの集大成として「Meister」シリーズが追加設定された形になる。

駐車時の障害物などを検知するパークディスタンスコントロール(フロント/リア、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付き)、入庫から出庫まで駐車の一部始終をサポートする駐車支援システム「Park Assist」を全モデルに標準装備。

その他、レザーシートとパワーシートを一部グレードに標準装備し、上質な室内空間を演出する明るいベージュ色のレザーシートも新設定した。

また、デンマークのハイエンドオーディオメーカーであるDynaudio社と共同開発したプレミアムサウンドシステム “Dynaudioサウンドシステム” を新たにオプション設定、より上質なゴルフへと仕上げた。

各モデルの専用装備、価格を確認しておこう。

 
最新国内ニュース