リセール・バリュー対決

公開 : 2014.12.19 23:50  更新 : 2017.05.29 19:51

プレミアム・ハッチバック対決 – レクサスCT200h vs BMW120d Mスポーツ

プレミアム・ブランドとして名を馳せるレクサスではあるが、ハッチバックという従来マス-マーケットに属する分野に勝負を挑んてきた。2、30年にわたりヴォグゾールが支配してきた領域に、質感で奇襲をかけようというわけだ。

ヴォグゾール・アストラの方が販売価格が£3,000(56万円)安価ではあるが、この項で取り上げるレクサスCT200hは3年間で約£2,000(37万円)程度というのが、平均的な価格低下の相場だ。またハイブリッド車であることから、社用車として使用した場合にかかる費用も抑えることができる。

ならばバリュー維持が約1%前後の僅差となっているため、あえてBMW120d MスポーツとCT200h Fを比べてみるのも悪くないのではないか、という結論に至ったのである。

CTの基準車の方が価格低下のペースはゆっくりなのだけれど、ハイエンド版もBMW+£1,000(19万円)ほどの追加資金で3年間、同程度の価値を保ちながら維持することができる。

ただし筆者が自腹をきってCT200h Fを購入した場合、この£1,000(19万円)の価格差は手放しに受け入れられない。

ぎこちなく、深みに欠ける乗り味がもっとも大きな問題なのだ。そのうえ、CTのキャビンはお世辞にも広いとはいえない。ドライビング・ポジションも高く、不必要に ’囲まれ感’ が強いのだ。

ただし高級感はかなりのもの。レザー・シートのステッチの細やかさは、ほかのどのハッチバックよりも素晴らしいし、ボディ・パネルどうしの精緻感はいかにも質感が高そうだ。

エンジン音もとても静かだし、何よりスムーズ。しかも速度が増してもそのマナーは維持され続けている。サスペンションからの音や、風切り音の低減もトップ・クラスだ。

しかしこれほど細かなところまで力が注ぎ込まれているにもかかわらず、シャシーだけは例外のようだ。どの部分をとってもあまりに硬質だし、サスペンションのストローク量も明らかに不足している。ステアリングも重すぎるうえに無闇にダイレクトすぎる。

こうなってしまったのは、若く、税金の支払いをできるかぎり抑えたいという層をターゲットにしているからだ。そういう層は、まったりとした乗り味よりも、活発さを求めているということをレクサスは知っているのだ。それが良い結果をもたらすにしても、そうでないとしても……。

対する120dのエンジンはガラガラと煩いし、キャビンには高級感も創造性もない。ただし、全体的なパッケージングはCTよりも明らかに優れている。

堂々とした振る舞い、バランスのとれた生き生きとした乗り味などどれをとっても、レクサスには実現できまい。いくらキャビンに安っぽいプラスティックが張り巡らさえていたとしても、BMWにできてレクサスに成し得ないことがあるのだ。

レクサスCT200h Fスポーツ

価格 £26,745(491万円)
最高速度 180km/h
0-100km/h加速 10.3秒
燃費 24.4km/ℓ
CO2排出量 94g/km
乾燥重量 1410kg
エンジン 直列4気筒1798cc + モーター
最高出力 136ps/5200rpm
最大トルク 14.5kg-m/2800rpm
ギアボックス E-CVT

BMW 120d Mスポーツ

価格 £27,950(514万円)
最高速度 229km/h
0-100km/h加速 7.2秒
燃費 22.2km/ℓ
CO2排出量 119g/km
乾燥重量 1439kg
エンジン 直列4気筒1995ccターボ・ディーゼル
最高出力 184ps/4000rpm
最大トルク 38.7kg-m/1750rpm
ギアボックス 8速オートマティック

(マット・ソーンダース)

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事