第2世代のフォルクスワーゲン・トゥーランを公開

公開 : 2015.02.25 22:20  更新 : 2017.06.01 02:11

ジュネーブ・モーターショーで公開が予定されている第2世代ルのフォルクスワーゲン・トゥーラン(日本名:ゴルフ・トゥーラン)の写真が一足先に公開された。

この新しいトゥーランは、MQBプラットフォームを持つモデルで、フォルクスワーゲンのラインナップの中にあっては、ゴルフSVとシャランの間に位置するモデルとなる。

そのエクステリアは、最近のフォルクスワーゲンの流れに沿ったもので、エッジの効いたもの。またインテリアはよりラグジュアリーにアップグレードされている。

全長は120mm、ホイールベースは110mmほど拡大され、その結果より広いスペースが確保されている。新しい折畳式のシート構成で、フルフラット・フロアも実現している。

モデル構成は5シーターと7シーター。ボディには変更がない。

装備は、ポスト・コリジョン・ブレーキ・アシストが標準で装備され、クルーズ・コントロール、エマージェンシー・ブレーキ、pれ・クラッシュ・プロダクションなどがオプションで装備される。また、他のフォルクスワーゲンの2016年モデル同様に、インフォテーメント・システムもアップグレードされている。

エンジンは、英国ではガソリンが2タイプ、ディーゼルが3タイプというラインナップ。ガソリンは、1.2ℓTSIターボと、150psの1.4ℓTSIターボ。ディーゼルは110psの1.6ℓTDIと、150psおよび190psの2.0ℓTDIだ。1.6ℓTDIは、25.0km/ℓの燃費を持つ。また、ガソリンの1.4ℓに7速デュアル・クラッチという組み合わせは18.5km/ℓだという。ちなみに、1.2ℓTSIエンジン以外は、オプションでオートマティック・トランスミッションが用意される。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事