マツダCX-3 XD/XDツーリング Lパッケージ

公開 : 2015.07.13 23:35  更新 : 2017.05.29 19:13

デビュー時から、すでに何回も試乗するチャンスのあったCX-3だが、今回は北海道という恵まれた環境で、そのロング・ドライブを楽しむことができた。用意されていた試乗ルートは、旭川空港から、リゾート地として世界的に有名なトマムまでの往復。

ゴー・ストップがほとんどないドライブ・スタイルは、ディーゼル・モデルが圧倒的な人気を誇る、ヨーロッパのそれにも似ているから、CX-3の実力を楽しむには、最適の環境ともいえる。

それにしても、何と躍動的で、そして魅力的なスタイルであるのだろう。CX-3のボディを見ていると、いつもこのように思う。今目の前を走り去った美しいクルマは、どこのメーカーが作った、何という名前のクルマなのか。このような興味を引き出すことができるのが、CX-3のエクステリア・デザインだ。

ボディサイズは全長×全幅×全高で、4275×1765×1550mm。上級モデルのCX-5と比較すると、これは各々265mm、75mm、155mm小さな数字だが、ベースとなったデミオとの比較では、逆に215mm、70mm、50mm大きい数字。日本での使い勝手、とりわけ駐車場事情を考えれば、それはまさにベストサイズである。

2570mmのホイールベースは、デミオのそれに共通。インテリアの基本デザインもまたデミオに共通するが、着座位置の高さや、左右方向の余裕からは、デミオ以上の機能性と快適性を容易に想像することができる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事