マツダCX-3 XD/XDツーリング Lパッケージ

公開 : 2015.07.13 23:35  更新 : 2017.05.29 19:13

トータルで約300kmのルートを、往路ではベーシックな ‘XD’ のFWD&6AT仕様で、そして復路では ‘XDツーリングLパッケージ’ の4WD&6AT仕様をチョイスしてドライブすることになった。

両モデルのもうひとつの大きな違いはタイヤ・サイズで、前者は16インチ、後者は18インチが装着されていた。エクステリアは、もちろん18インチ・タイヤを装着した方が、さらにスポーティーな雰囲気が醸し出されるのだが、この違いが走りにどのように影響しているのかは興味深いところだ。

ドライバーズ・シートに身を委ねると、まずはステアリング・ホイール、そしてメーター・パネルに、非常に正しい、そして自然な姿勢で正対できることに気づく。これも新開発だという振動吸収ウレタンを使用したシートの座り心地、そしてホールド感も素晴らしいから、マツダが常々主張する ‘人馬一体’ 感を得るための基本的な資質は十分に高い。

後席の居住性も、クロスオーバーSUV、つまりハッチバックとSUVの中間的な性格を狙ったモデルとしては、必要十分と評価するべきか。さらに大きなスペースを望むのならば、SUVにもミニバンにも、多くの選択肢が市場にはある。

そしてデミオに対しての大きなアドバンテージとなっているのが、リアのラゲッジルーム。容量はデミオより70ℓ大きな350ℓ。フロアはフラットで、さらにフレキシブル・ボードの下にはエクストラの収納スペースがあるが、さすがにここまでデザインを熟考する余裕はなかったのか、その空間は造形的には魅力的ではないし、結果的に使い勝手も良くはない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事