フェラーリ・クラブ・オブ・アメリカ・インターナショナル・ミーティング・モントレー 2015

2015.08.17〜19

text & photo:Keith Bluemel

 
フェラリスタのためのオフィシャル・クラブであるFCA(フェラーリ・クラブ・アメリカ)のナショナル・ミーティングが、ペブルビーチ・コンクールが終わった翌日の月曜に幕開けした。会場となるホテルは、モントレーのデルモンテ・ハイアット・リージェンシー・リゾートで、直前までメーカム・オークションが開催されていた場所だ。

日曜の晩に行われたレジストレーションとウェルカム・レセプションを皮切りに、月曜はモントレーを離れ、ラグナセカに近いサリナス・ハイウェー沿いにある会員制ゴルフリゾート、ニクラウス・クラブでコンクールを開催。火曜と水曜はラグナセカをベースにサーキット走行とラリーを行い、水曜の夕方に授賞式とガラ・ディナーがとり行われた。

このミーティングには、当然前週に行われたモントレーの各イベントと同じ顔ぶれが多かったが、新旧モデルを含めて数多くのフェラーリが集まった。つまり、ほとんどのエントラントはモントレーのイベントのいずれかに参加、あるいは展示していたことになる。

しかしながら、クラブ・イベントとしては素晴らしいモデルが多数並び、コンクールは24クラスに分けられるほどの盛況ぶりだった。集まったモデルも1950年型195インテル・ギア・クーペ、250GT SWBが3台、400SAクーペ・アエロディナミコが3台、250GTルッソが4台、275および365のグループ、それから発売後5年を経たモデルとして430スクーデリア・スパイダー16Mが4台と、その顔ぶれは幅広い。

コンクールに参加しない車両についても、166MM/53スパイダー、500モンディアル、750モンツァ、250GT TdFベルリネッタが会場を飾り、近年のモデルからは、エンツォが3台、458GT3、599XX、ラ フェラーリが揃い踏みした。

  • 当初の姿を保つ500モンディアル・ピニンファリーナ・スパイダー。

  • こちらの500モンディアルは、スカリエッティ製のボディを備えるタイプ。

  • 250GT SWBはシルバーとレッドの2台のストラダーレが参加した

  • 400スーパーアメリカ・ピニンファリーナ・クーペ。

  • 400スーパーアメリカの中でも貴重なアエロディナミコも姿を見せた。

  • 400スーパーアメリカ・ピニンファリーナSWBクーペ。

  • 今や高値となった275系は、GTBからGTSまでが数多くが集まった。

  • アメリカだけに365GTS/4 デイトナ・スパイダーも参加した。

  • 365GTB/4 デイトナのベルリネッタは多数集まった。

  • イベントに欠かせない役者がF40だ。存在感の高さはアメリカでも同様だ。

  • アメリカでベストセラーだった308系は、各タイプが各色揃った。

  • ブラックの精悍な雰囲気のラ フェラーリも早速ミーティングに姿を見せた。

  • 現役レーシング・マシンの458GT3もコンクールのためにやってきた。

  • GTレース用の360N-GTも参加。老舗クラブだけにオーナー層は厚い。

  • 348チャレンジもアイテムになったようで、レストアされた2台が参加。

 

人気記事