ジャガー・ランド・ローバー、464億円を投資

公開 : 2012.09.08 11:27  更新 : 2017.06.01 01:02

世界170ヶ国で販売が開始される新しいレンジ・ローバーの生産能力をアップさせるために、ジャガー・ランド・ローバーは3億7000万ポンド(464億円)の投資を行うと発表した。投資の対象はソリハル工場で、レンジ・ローバーのためのアルミニウム・ボディ・ファクトリーをはじめ、ペイント部門、トリム・アッセンブリー、そして保管部門に使われる。

このためソリハル工場では、デザイン、製品開発、そして製造部門で1,000人の新たな雇用も生まれる。

ジャガー・ランド・ローバーの最高責任者、ラルフ・スペッツはリッチモンド公園で新型レンジ・ローバーのプレビュー・イベントに参加した。この古典的でラグジュアリーなSUVの4代目は、今年のパリ・モーターショーで発表され、2013年の前半には顧客のもとに届けられることになっている。

技術的な仕様と価格は、パリ・モーターショーの直前にリリースされる予定だ。

ちなみに、現在ソリハル工場には6,800人の労働者がいる。ランド・ローバーは、2010年以降8,000の雇用を創出し、関連会社を含めると190,000の雇用がある。

関連テーマ