フィアット500Xを発売

2015.09.29

FCAジャパンは、同社が展開するフィアット・ブランドとして初のスモールSUVである新型フィアット500Xを、10月24日から発売すると発表した。

500Xは、その名が示す通り、フィアット500のキュートなルックスを引き継いだ5ドア・コンパクト・クロスオーバーだ。

FFおよび4WDがラインナップされ、合計3つのグレードが発売される。このうちFF仕様は、シティ・ルックというスタイリング・コンセプトが与えられ、ポップ・スターおよびポップ・スター・プラスの2車種が用意され、4WD仕様はオフロード・ルックのクロス・プラスという1車種という展開だ。

エンジンは、1.4ℓ直列4気筒ターボ・マルチエア・エンジン。FFモデルでは、最高出力140ps、最大トルク23.5kg-mを発揮し、6速デュアルクラッチATを組み合わせる。

一方、4輪駆動モデルでは、最高出力が170ps、最大トルクが25.5kg-mにアップし、これにフィアットとして初の9速オートマティックを組み合わせ、トルク・オン・デマンド式の4×4システムを構成する。

また、オート・モード、スポーツ・モード、トラクション・モードという3種類のドライブ・モード・セレクターを全車に装備する。

価格は2,862,000円から3,348,000円。


▶ 徹底解説 / フィアット500X
▶ 海外発試乗 / フィアット500X 1.4マルチエア
▶ 国内初試乗 / ジープ・レネゲード・トレイルホーク
▶ 海外初試乗 / ジープ・レネゲード 1.6マルチジェットII 120 リミテッド

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×