ダイハツ・キャスト・アクティバ/スタイル

公開 : 2015.10.01 23:40  更新 : 2017.05.29 18:45

スズキのひとり勝ち許すまじ。丸いヘッドライトに白い屋根。ちょっと高めの車高のSUVテイスト。ダイハツ・キャスト・アクティバはハスラー・キラーか? 木更津で開かれた試乗会から報告。

■どんなクルマ?

スズキ・ハスラーのダイハツ版。という噂だったけれど、実は似て非なるものだった。なるほど、軽のクロスオーバーというコンセプトは似ている。

丸型ヘッドライトと2トーンのボディ色も似ている。でも、それだけなんである、キャストとハスラーの共通点は。

一昨年の東京モーターショーに出現したハスラーを見てダイハツがあわててハスラーのライバルをつくったわけではない。

すでにキャストのデザインはあった。たまたまハスラーが先に出た。そこで、ダイハツはその開発のテンポを速めたのだ。

なにしろ図面にゴーが出てから試作車がラインオフするまで1年かからなかったという。そんな奇跡が可能だったのは、上屋は別物ながら、その下の機械部分は昨年末に発表されたムーブのそれを可能な限り流用しているからだ。

ダイハツはミラ・イース、ムーブを軽の本流と位置づけ、その周辺にハイゼット・トラックやらタントやらウェイクやら、そしてコペンやらを配置して、「個性を重視するユーザーニーズに対応」したいとマジメに考えている。

キャストにアクティバ/スタイル/スポーツと3種類のバリエーションを最初から用意しているのも、そういうわけなのである。

このうちハスラー対抗のSUV風クロスオーバーは ‘アクティバ’ のみで、‘スタイル’ はシックな都会派、‘スポーツ’ はベイビーギャングといったキャラクターが与えられている。

 
最新試乗記