ドライバーズカー選手権2015 / フェラーリ488GTB vs ポルシェ911 GT3 RS vs アリエル・ノマド

公開 : 2015.11.25 23:50  更新 : 2017.05.29 20:02

ご想像どおり、他2台とは大きく異なっているのだが、やはり注目せずにはいられないし、その価値があると考えている。たとえ見た目がスーパーカーではなかろうと、あるいは可変ダンパーを備えてなかろうとノマドをピシャリと跳ねのけるのはむずかしい。

たしかに一般的な動力性能とはちがったところに、このクルマのおもしろさがあるのは事実だが、ボディは極めて例外的にコントロールしやすいし、乗り心地からも懐の深さを感じる。思ったとおりの操舵が可能だし、フィードバックも豊富だ。それに機械的に精緻でもある。反応だって信じられないほどリニアだ。それだけではない。ギア操作もカッチリとしているし、エンジンも生き生きとしている。となればこのグループで1位となるか?

1位にしていいと思った。しかしそうはいかなかった。なにせフェラーリが優秀すぎる。従順すぎる、サーキット/一般道とわず欠点がなさすぎる。変速も速すぎるしなめらかすぎる。ブレーキも疲れ知らずすぎるし、乗り心地も安定しすぎる……。完璧すぎるのだ。よって、満場一致にて488 GTBを1位とする。

2位と3位を決めることのほうが簡単ではなかった。アシにワゴンでも買って、約1年後のドライバーズカー選手権までゆっくりと乗り比べながら説得力のある結論を出すとしたらノマドを2位とするだろう。本気である。

しかし他のテスター2人は、GT3 RSのサーキットにおける優位性と、ノマドの万人受けではない部分を指摘した。加えてサーキットでのGT3 RSの振る舞いは、歴史上のクルマのなかで殿堂入りするレベルにあるという者さえいた。

したがって結果はフェラーリ488 GTBとアリエル・ノマドを1位タイとし、ポルシェ911 GT3 RSを3位とする。最後まで結論を書き渋ったのは、なにも読者諸兄を焦らすためではない。私の独断でノマドだけをトップにしようか、この瞬間まで迷っていたからだ。たとえそうしても、私は後悔しないだろう。

(マット・プライヤー)

ドライバーズカー選手権2015

▶ プロローグ ーー 今年のベストハンドリングカーはどれだ?
▶ マツダMX-5 vs メルセデス AMG C63 S vs ロータス・エヴォーラ400
ランボルギーニアヴェンタドールSV vs ポルシェケイマンGT4 (11月26日公開予定)
アウディRS3 vs メルセデス AMG GT S (11月27日公開予定)

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ポルシェ 911の人気画像

×