ドライバーズカー選手権2015 / フェラーリ488GTB vs ポルシェ911 GT3 RS vs アリエル・ノマド

公開 : 2015.11.25 23:50  更新 : 2017.05.29 20:02

2台のサラブレッドに対して、アリエル・ノマドはどのような変化球をもたらすのだろうか?

テスト・ルートに選んだのは、ヨークシャーとランカスター・デールズ。時に狭くバンピーだが、おおむねフラットで幅広い道路は3台の真価を問うにぴったりだと考えたからだ。

(“おそろしく楽しい” とフランケルがコメントした)アリエル・ノマドにとっても、(“サーキットの支配者” とソーンダースがコメントした)ポルシェ911GT3 RSにとっても、(“いまいましいほどの楽しさ” とニック・カケットがコメントした)フェラーリ488 GTBにとっても、やや物足りなかったかもしれないが、少なくともハンドリングを試すには、悪くないチョイスだったといえよう。

同時にテストした、スネッタートン・サーキットでは、ノマドと488 GTBがそれぞれ10ポイントを獲得、GT3 RSは9ポイントとなった。3台それぞれの結論を出すには結果の差が小さすぎ、時間や走行距離がもっとあれば……と願ったほどだ。

ハイ・レベルなトリオではあるが、それぞれがまったく違うクルマであるだけに従来のグループ・テストならば一緒にはならないだろう。もしあなたがラッキーな人ならば、3台を同時に購入することだって不思議ではないくらいだ。

場所をノーフォークに移すと、これまで1ポイントの差をつけられていたGT3 RSは他のものを一気に蹴落とすほどの実力を発揮した。「ここではGT3 RSの完封だよ」とコメントするのはマット・ソーンダース。

「やっぱりGT3 RSにはサーキットが合っているね。いかに優れたサーキットカーであるかを思い出させてくれるよ」とアンドリュー・フランケルも。

ただすべてのライターは “スタンダードなGT3ほど柔軟ではなく、走れる場所は限られる” という事実を認めている。

「途方もないパワートレインとこれまでどおりのバランスだ」とコメントしたのはニック・カケット。「RSならではの走る場所の選び方をしなければいけないけれどRSでは見出だせない価値があるよ」とも。やはり一般道よりもサーキットが合っているようだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×