フォルクスワーゲン・トゥーラン

公開 : 2016.03.19 23:50  更新 : 2017.05.29 18:57

メーター・パネルはコンベンショナルなアナログを使用。設置位置に吟味が重ねられているため、前方から大きく視線を逸らさずに認識できるのがいい。素材はいかにも丈夫そう。見た目にも嫌なところがまるでない。

ちいさな子どものために2、3列目はアレルギー物質をフィルタリングするエアコン装置を完備し、1列目のシート・バックからはタブレット・フォルダーが出現する。その他にも ‘家族想い’ の工夫が多い。

■パフォーマンス

“4気筒ディーゼルはフロントに横置き。フューエル・タンクは58ℓが確保されている” ― マット・ソーンダース (ロードテスト編集補佐)

燃費を優先した16インチのスキニーなタイヤを履いているにもかかわらず、濡れた路面でも不屈の粘りを見せてくれた。この際の0-97km/hタイムも10.0秒を割りこむことが多く、48-113km/hも同様であった。

どちらの値も、最大のライバルであるフォードS-マックスの昨年の数値を凌いでおり、同時にこれは、たくさんの小型ハッチバックやサルーンの実測値をも超えていこうとしているということになるのだ。

クイックな変速を行うDSGが、絶妙なギア選択をするから、というのが大きい。また、ミドル・レンジのトルクをディーゼル・ユニットが得意とするのもある。乗っていても柔軟性と体感速度の速さに驚くほどだ。

洗練性も見事。風切り音をうまく防いでいるし、ロード・ノイズもほとんど聞こえない。80km/hの巡航時のノイズ音量は3dB、フォードS-マックスより小さかった。この違いはかなり大きい。よって多くの人が、トゥーランの車内の静けさとレスポンスのよさ、多くの環境で簡単に運転できるといった印象を強くもつはず。これはVWが兼ねてから得意とする部分である。大事なことだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事