フォルクスワーゲン・トゥーラン

公開 : 2016.03.19 23:50  更新 : 2017.05.29 18:57

これよりもパワーが小さいディーゼル・エンジンにはオプションにて乾式の7速のDSGが組み合わされる。マニュアル・ギアボックスを備える場合に比べ、CO2排出量が少ないのがこちらの特長といえるだろう。

だからといって、他のライバルよりもCO2排出量が優秀というわけではないのが残念。多くのライバルのCO2排出量が100g/kmを切るのに対して、トゥーランは ‘良くて’ 111g/kmなのである。評価をわけそうだ。

■インテリア

“小型MPVのなかで、もっともプラクティカルかつ広々としたスペースを有しているといっていい” ― マット・ソーンダース (ロードテスト編集補佐)

まずはスペースの話から。先代のトゥーランに比べると、現行の2列目の足元のスペースは40mm増え、さらに3列目の足元は50mm増えている。また2列目は前後に200mmずつシートを動かせるようになった。

また3列目のことを考えずに、2列目を1番うしろまでスライドしたところ、足元の余裕は720mmに及ぶ。シトロエン・グランドC4ピカソやフォードS-マックスを上回る数値である。とてつもない数値といっていい。

その代わり、3列目はお世辞にも広いとはいえない。しかしそれでも、他のライバルより足元のスペースは大きく頭上にもかなり余裕がある。長い時間、長身の大人が座るのは厳しいが、非常用にしては十分である。

7シーター・モードでも、トランクのサイズが多くのライバルを凌いでいるのがいい。リア5席にはISOFIXにも対応しているし、シートを倒せば完全にフラットな空間が出現するのにも、ありがたみを感じる。小型MPVのなかで、もっともプラクティカルかつ広々としたスペースを有しているといっていいだろう。

1列目のシートのサイズにも抜かりはない。おかげで長距離移動でも疲れ知らずだ。ただ、多くのファミリー・ハッチよりも10cm程度、高い位置に座っている感覚を伴う点と、ステアリングがアップライトな点は修正を希望する。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事