DB9ベースのロシア製GT、カルディ・コンセプト442

公開 : 2016.04.12 22:10  更新 : 2017.06.01 01:34

モスクワにベースを置くコーチビルダー、カルディは、アストン マーティンDB9をベースとしたモデル、コンセプト442を発表した。

2年間の開発期間の後にリリースされたモデルで、他とは違うグランド・ツアラーを欲してるユーザーに、限られた数であるが販売されるとみられる。

技術的な詳細は明らかにされていないが、DB9をベースとするものの、新たなボディを被せるためにその修正は広範囲に亘るものと思われる。Bピラーを廃し、長いパノラミック・ルーフが与えられたボディは、DB9がベースであることを想像させないもの。また、長いボンネットと、オーバーハングの長いリア・エンドは、最新のラゴンダをも思われるデザインだ。

このコンセプト442のエンジンはアストン マーティン製の6.0ℓのV12で、これに6速のタッチトロニックが組み合わせられる。パワーは明らかにされていないが、アストン製のユニットをそのまま使用していれば517psとなる。

カルディはその価格を明らかにしていないが、当然ながらDB9の£125,000(1,930万円)を上回ることは疑いの余地がない。

関連テーマ