DS4クロスバック

公開 : 2016.06.10 23:55  更新 : 2021.01.30 22:11

では、乗り心地はどんな感じかというと、正直なところわりと普通のクルマに近い印象をうけた。つまり、DSらしい、ということはシトロエンらしい独特のフラット感はさほど明確ではなく、路面の荒れた部分ではボディはそれなりにピッチングする。というわけで、フラット感という意味では、DS5の方がより明確に感じられたといっていい。

とはいえ、同クラスの並みのハッチバックよりサスペンションが柔らかいのはたしかで、17インチのミシュランがしなやかに上下動する感触はある。そのわりにダンピングが緩い感じがするのは、オフロード走行も考慮したクロスバック独自の味つけなのだろうか。このあたり、クロスバック以外のDS4に乗って確認してみたいところではある。

ただし、この日の試乗ルートに未舗装路はないので、他の2台と同じく長尾、箱根、芦ノ湖と続く箱根ワインディング街道を走ったが、そこでクロスバックが弱点を示すことはなかった。比較的ソフトな脚と、高められた車高のため、それなりにロールするが、シトロエンの定石どおりロールすることでアンダーステアを吸収している印象で、弱アンダーの安定したハンドリングでワインディングをこなしていく。

強いていえば、ワインディングではステアリングのギア・レシオがスローに感じられ、長尾峠のようなタイトコーナーの連続を早いペースで駆け上がろうとすると、ステアリング操作が忙しいのが気になったところではある。逆にいえば、フランスによくあるどこまでも真っ直ぐな街道筋を走るような場面では、このステアリングが生きてくるはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事