ベントレー初のSUV、ベンテイガを初公開

2016.06.09

ベントレー モーターズ ジャパンは、ベントレー初となるSUVモデル、ベンテイガを日本初公開した。

ベンテイガは、設計、エンジニアリング、手作業による制作をすべてクルー本社で行うモデルで、フロントの丸型LEDヘッドライト4灯と大型マトリックスグリルから逞しいリアハンチまで、ベントレーならではの彫刻を想わすスタイリングをまとったSUVだ。

1台につき130時間をかけて作りこむインテリアは、インパネにダブルウイング・スタイルを採用。4シーターと5シーターの仕様が用意されている。

エンジンは608ps、900Nmを発揮する6.0ℓツインターボV12。燃料供給はダイレクト・インジェクション + ポート・インジェクションを使い分けるほか、シリンダー・ディアクティベーションを備える。

トランスミッションは8速オートマティックで、フルタイム全輪駆動を採用。0-100km/h加速タイムは4.1秒、最高速度は301km/hだ。車両重量は2530kgとなる。

ドライビング・ダイナミクスは、4つの標準モード(スポーツ、ベントレー、コンフォート、カスタム)のほか、オールテレイン仕様の4モード(雪道・草地、泥道、砂利道、砂地)を加えた最大8種類を用意。

ハイトコントロールは+45mmから-75の間で調整でき、最低地上高は245mm、渡河性能は水深500mmとなっている。

価格は26,950,000円。


▶ 徹底解説 / ベントレー・ベンテイガ
▶ 海外初試乗 / ベントレー・ベンテイガ

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事