シトロエンC3、最新スクープ

公開 : 2016.06.09 22:50  更新 : 2021.03.05 21:43

今夏の終盤にデビューをする予定の新しいシトロエンC3が、初めて路上でテストされている風景をキャッチした。

ブランドを生き返らせたと言っても過言ではないC4カクタスの成功を受け、そのスタイリングとインテリア・スペース、快適性、テクノロジーを受け継ぐことをゴールとして開発された。

この深いカモフラージュがされたプロトタイプからは知ることはできないが、特徴的なノーズのデザインや、エア・バンプを持つC4カクタスからスタイリング・キューが採用されているものと思われる。

C3は、グローバルに見ても、シトロエンのベストセラーだ。従って、この新しいC3は、その使命を受け継ぐ必要がある。

シトロエンのCEOであるリンダ・ジャクソンは、「われわれの調査でも、ユーザーの希望購入リストの3番目、あるいは4番目、5番目にあることを確認している。つまり、一部の人には支持されているが、一部の人はまったく見向きもしないブランドということもできる。」と、シトロエンというブランドを理解しているようだ。

シトロエンC3は、PSAグループのPF1プラットフォームの修正版の上に組み立てられる。新しい小型車用のプラットフォームは、ヨーロッパではEMP1、中国ではCMPと呼ばれるもので、これは2018年のリリースを目指して開発中だ。

新しいC3は、現行モデルよりも僅かに低く、幅広い。また全長は4m未満の予定だ。

エンジンは、現行のC3のラインナップを引き継ぐものと思われ、1.6ℓのHDiディーゼルと、1.0ℓおよび1.2ℓのピュアテック3気筒ガソリンが搭載される。

価格は、僅かながら上昇することが予想される。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事