フォルクスワーゲン・ティグアンR-ライン2.0 TDI

公開 : 2016.07.29 05:50  更新 : 2017.05.29 18:56

内装は、ほかのグレードと同じく前後ともに広々としている。リア・ベンチはスライドできるから、足元の余裕もある。スポーツ・シートは見た目ほどではないにせよ、サポーティブである。

樹脂パーツが少なければもっといいだろう。ダッシュボードのトップ部やフロントのドア・カードにはやわらかい素材が使われているものの、センター・コンソール、リアのドア・カード、ダッシュボードの下部のマテリアルが傷つきやすいのも惜しい。

しかしながら、自動エマージェンシー・ブレーキやレーン・アシストなど、あたらしい技術が積極的に取り入れられている点は評価したい。R-ラインの場合、12.3インチのデジタル・メーター、可変クルーズ・コントロール、LEDヘッドライトもまた標準である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

フォルクスワーゲンの人気画像

×