ジャガーXE 2.0d 180 AWD R-スポーツ

公開 : 2016.07.29 05:45  更新 : 2017.05.29 18:37

アウディ・クワトロの牙城を崩すそうとするジャガー。後輪駆動の方が楽しいのはたしかである。

■どんなクルマ?

F-ペースほど、いやXEそのものにとっても、ジャガーの将来を揺るがすほど大事なことではないかもしれないが、ジャガーのもっとも小さいモデルの4WDが登場した。もちろん目的はひとつ。アウディ/BMW/メルセデスがすでに築きあげた牙城を崩すためである。

4WDシステムがリア・バイアスであるのはほかのジャガーと同じ。多くの場合において後輪駆動であり、タイヤが滑りはじめることを察知すると、全体のトルクのうち50%がフロントに明け渡される。

ハードウェアが追加されているため、車重が100kg増え、CO2排出量や燃料消費率も後輪駆動のものより悪化しているが、まぁこれは自然なことだ。それよりもライバルに対して競争力を保持している点の方が要注目だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事