フォルクスワーゲン・ティグアンR-ライン2.0 TDI

公開 : 2016.07.29 05:50  更新 : 2017.05.29 18:56

■どんな感じ?

以前からわれわれが書いているとおり、やはりTDIエンジンは十分なパワーを生み出してくれる。低速から急な加速を試みるとギアボックスが頑固な傾向はあるが、往々にして動作はなめらかである。

R-ラインとほかグレードのあいだで決定的な違いを感じるのはスポーツ・サスと20インチのホイールを組みわせるからだ。ダンパーも可変式ではない。

だからわれわれは乗る前から、きっと硬いのだろうなと思っていた。ところがそれほどでもないのである。たしかにファミリーカーにしては硬めだが、かなりの酷い路面でも、思ったほど強い衝撃が伝わらないのだ。ワイド・タイヤのおかげでグリップにも不満がない。

ただ、タイヤのサイズがサイズだから、もっともスポーティなモデルでも限界域ちかくの挙動には多少のつらさがある。アンダーは強めだし、スタビリティ・コントロールも完全に解除できない。より安価なセアト・アテカの方が、運転していておもしろさがある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×