シトロエンC4ピカソ・ピュアテック130フレアー

公開 : 2016.09.12 05:40  更新 : 2021.03.05 21:43

■どんな感じ?

1.2ℓのガソリン・ピュアテック・エンジンを除いて、メカニカルは先代とまったく同じ。つまりBMW 2シリーズ・アクティブ・ツアラーやフォルクスワーゲン・ゴルフSVほど楽しいわけではない。

そのぶん落ちついている。高速域のサスペンションはあらゆるインプットをあっさりと吸収する。全体がやわらかい仕立てゆえ、凹凸を超えるとボディは浮き沈みするが、まるで不安定に感じないのが不思議である。

ただ、低速域の乗り心地には大いに落胆。荒い路面におけるピッチングが激しいのだ。このクルマを買った場合、頻ぱんな市街地の走行が予想されるため、歓迎できない。標準の16インチ・ホイールならばアシの ‘こわばり’ をいくぶん和らげるが減点対象なのは変わりない。

エンジンは1.6ℓのディーゼル(120ps)がポピュラーになるだろうが、テスト車の搭載する1.2ℓガソリンも、市街地のユーザーには評価されるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事