グッドイヤー・ベクター4シーズンズ

公開 : 2016.10.19 05:05

  • M+SマークはMud(泥濘路)+Snowの走破性、スノーフレークは寒冷地性能を認証された証し。

  • ベクター4Sは、今夏から日本で本格展開を開始。軽自動車のサイズも揃えた。

  • 雪路の準備をする業者の方。トラックにはドライアイスが満載だ

冬を迎えるまえに試しておきたいのがコレ。軽自動車からSUVまでラインナップを急拡大したオールシーズン・タイヤ、その出来栄えやいかに?

冬に備えての難題が一気に解消するかもしれない!

これからの時期、降雪地域の自動車ユーザーは問答無用でスタッドレス・タイヤを含む冬用タイヤの交換に迫られる。

一方、非降雪地域の住人は、ここ数年スタッドレスに交換するも降雪は少なく、肩透かしの状況。

いざという時のためにサマータイヤからスタッドレスに交換する毎年の脱着作業と、履き替えたタイヤを保管する場所など都市部では難しい状況に陥る。

そこで、グッドイヤーが提唱するオールシーズン・タイヤ「ベクター4シーズンズ」に注目。

その名の通り一年中オールマイティに使用出来るタイヤの意味だが、果たしてドライ~ウエット~スノーを走行テストしてどうなのか?

画期的な事は「スノーフレークマーク」の刻印である。冬用として承認された証で、高速道路で “チェーン規制” になった場合、このマークが無ければ通行できない。

ドライ性能を持つタイヤでそこをクリアしたことにまずは高評価。

 
最新試乗記

人気記事