フェラーリF12 TdF

公開 : 2016.11.16 05:50  更新 : 2017.05.29 18:52

とはいえ、それはオプション満艦飾でバーゲン価格を付けた、ありふれた ‘特別仕様車’ ではない。内装の装備の簡素化や各部へのカーボン素材使用で、車輌重量は110kg軽量化。軽くて強い炭素繊維複合材は、前後バンパーやフロントフェンダー、床下の大部分、追加されたエアロパーツのほか、内装にまで用いられる。

空力パッケージは改良され、ダウンフォース量はベース車のほぼ倍に。アグレッシブな前後スポイラーなど負荷物のデザイン改修だけでなく、リア・ウインドウの角度変更まで行われた結果だ。

四輪操舵が組み込まれたシャシーに合わせ、タイヤはフロントのみ2セクション拡げられた。スプリングは20%ほど硬くなり、最適化したダンパーと組み合わされる。

■どんな感じ?

運転しやすく、寛容で、驚くほど従順……などという言葉は、このクルマに乗った人間から決して聞くことはないだろう。強力なV12に火が入った瞬間から、チャレンジが始まる。

ラ フェラーリマクラーレンP1、ポルシェ918にも乗ったが、それでもF12 TdFのドライビングは独特だ。走り出したら、ミリ刻みでこのクルマとの格闘を強いられる。

探してみれば、ドライバーに優しい側面がないわけではない。乗り心地は極めてハードだが、感心するほどスムーズで、高速道路では実に静かだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×