トヨタ、プレミオおよびアリオンを一部改良

2012.12.04

トヨタは、プレミオならびにアリオンを一部改良し、12月4日から発売を開始した。

今回の一部改良では、エンジンの燃焼効率の向上やフリクションの低減などにより、1.5リッター・2WD車(18.2km/l)をはじめ、全車で燃費を向上させている。また、各グレードの上級パッケージにナノイー、スーパーUVカットガラス(フロントドア)を採用したほか、ステアリングスイッチを標準装備するなど、装備の充実を計った。

インテリアでは、光沢のある木目調パネルの採用、シート表皮の質感向上、内装色の変更を実施。外板色には新色として、プレミオとアリオンにクリアーストリームメタリック、プレミオにアビスグレーメタリックを採用するなど、各々に7色を設定した。

さらに、グレード体系を見直し、プレミオには1.5Fに“EXパッケージ”、アリオンにはA15およびA18に“G-plusパッケージ”、A20に“LEATHERパッケージ”を新設定。プレミオ1.5F“EXパッケージ”およびアリオン “G-plusパッケージ”にはシート表皮にファブリック(ハイラグジュアリー)、アリオン“LEATHERパッケージ”には本革(パーフォレーション&ギャザー仕様)を採用している。

価格は、プレミオが1,710,000円から2,730,000円。アリオンが1,700,000円から2,680,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×