VLFフォース1 最高速338km/hのV10ロードスター・モデル 来月公開へ

公開 : 2017.03.22 14:21  更新 : 2017.06.01 00:26

ひと目見たら忘れられないこの顔。以前ご報告したフォース1というモデルに、オープン仕様が登場します。エンジンは、あのユニットですよ。

VFLフォース1のオープン仕様、フォース1 V10ロードスターの開発が進んでいる。来月の上海モーターショーで予定されている世界初公開を前に、そのスタイリング・スケッチを入手した。

心臓部はダッジ・バイパーのV10

フォース1は、8.4ℓのダッジ・バイパー用自然吸気V10エンジンを搭載。最高出力755ps、最大トルク88.2kg-mというパワーを後輪に送りつける。

トランスミッションは6速マニュアルが標準、パドル・シフトを備えたオートマティックもオプションで用意される。ボディ・ウエイトは1450kgだ。パフォーマンスは、0-97km/h加速が3秒で、最高速度は338km/hに達するという。

ヘンリック・フィスカー、ボブ・ルッツ VLFの顔ぶれ

VLFオートモティブは、ヘンリック・フィスカーと、元GMの社長、ボブ・ルッツ、そして経験豊富なレーサーであるベン・キーティングの3者が手を組んだパートナーシップで、昨年にクーペ仕様のフォース1(写真)を発表している。なお、クーペは$268.500(3,000万円)という価格が設定されていた。


▶モーターショー / VLFフォース1

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事