ジャガーF-PACE 2.0ℓ4気筒ガソリンに試乗 これでマカンとも渡り合える?

公開 : 2017.05.09 10:30  更新 : 2017.05.29 18:37

ディーゼルが柱だとしたら、2.0ℓ4気筒ガソリンは優秀な脇役といったところでしょうか。しかしじつは、このエンジンこそが「本命」というひとも少なくないはず。「ジャガーF-PACE 2.0 i4」の試乗記です。

■どんなクルマ?

ディーゼルを柱にガソリンの脇役を

ジャガーF-PACEが登場した1年前、その端正なルックスとスポーティなハンドリングは世界に衝撃を与えたが、パワートレインはディーゼル重視のラインナップで、ガソリン・エンジンは高性能版に限られていた。しかし今回、最新の直4ガソリン・ユニットが追加された。

データ上では、動力性能と燃費はどちらもなかなかのレベルにある。最高出力は250ps、最大トルクは37.2kg-mで、燃費は13.5km/ℓだ。

車輛重量は1760kgと決して軽くはないが、V6ガソリン仕様から101kgの削減は、おそらく前輪のレスポンス向上に貢献するだろう。

インテリアにも進歩あり

2017年モデルのF-PACEには、好評のインフォテインメント・システムであるインコントロール・タッチ・プロがオプション設定された。

£2,670(39万円)のそれは、10.1インチのセンター・タッチパネルと、12.3インチのデジタル計器盤を含む。

タッチパネルの反応は、以前のデバイスより反応が著しく改善され、ビジュアルも高精細。運転席と助手席で異なる映像を、同時に見ることができるデュアルビュー機能も備える。

これは、ジャガー・ランドローバーとしては新規採用ではないが、ジャガーでは初の装備例となる。標準装備は8.0インチのディスプレイと旧式のソフトウェアになるが、ナビゲーション・システムとデジタル・ラジオは含まれている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事