熱海HISTORICA G.P. 2017 今年は「スラローム競技」初開催

2017.09.23-24

今や秋の熱海の名物イベントといえるまでになった、熱海HISTORICA G.P.が9月23・24日に開催されました。カーショーとモータースポーツの2つの柱を持ち、クルマ好きのみならず一般の方々も数多く訪れるようなイベントへと成長したようです。

text & photo:Daisuke Ebisu (戎 大介)

東洋のモナコを名車が彩る

歴史ある温泉保養地として名高い静岡県熱海市。『東洋のモナコ』とも称されるこの地を舞台に今年も9月23・24日に名車たちを集めたイベント、熱海HISTORICA G.P. 2017が開催された(厳密には24日は付帯するヒルクライム競技を開催)。

今年も23日のカーショーには約180台の名車たちが会場となる長浜海浜公園の芝生広場を彩った。展示カテゴリーは、
・グループA(1995年までに製造された国内外の名車)
・グループB(ラリー&レーシング・モデファイドカー)
・グループC(新旧のラテン&イタルデザイン車)
と大らかな縛りなので、戦前車から’60~’80年代のスポーツカーやツーリングカー、そして本物のレーシングカーまで、様々な名車たちが一堂に会するのがこのイベントの特徴だ。また、参加車両の中から来場者の投票によって選ばれる『The Best Looking Car in熱海G.P.』や、熱海市内を名車たちがパレードする『熱海G.P.RUN』、ホテルニューアカオでのレセプションパーティ『熱海G.P.ナイト』と参加者にとっては1日タップリとイベントを満喫できるようになっている。

実に6回目の開催となる本イベント、クルマ好きはもちろん、近県の人々にとっても季節の定番イベントとなっているようで、夕方まで会場を訪れる人並みが絶えることはなかった。それは主催者と参加者、そして地元が一体となって創り上げてきた、このイベントの持つ魅力を示すものといえるだろう。

名車たちの熱い走りも満喫

そして本イベントの大きな特徴の一つが、同時に開催される走りのイベントであろう。今年も2日目の早朝に行われるヒルクライム競技『Red Tail Hill Challenger’s Cup』、そして本年、初日にカーショー会場のすぐ隣で初開催されたスラローム競技『Long Beach Tip Slalom』では、名車たちがシリアスに走る姿を堪能することができた。これも熱海地元の市民、企業、関係団体のモータースポーツへの理解と協力があってこそ開催できるもの。今後の展開とよりいっそうの盛り上がりを期待したい。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事