ドライバーズカー選手権2017(4) トップ3を発表

公開 : 2018.01.04 15:40  更新 : 2018.01.04 16:45

豊かなコミュニケーション能力

ポルシェは、今回ミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2を履いていた3台のなかの1台。他の2台、AMG GT RとBMW M4 CSは数ラップしたが、期待はあまりできない感触だった。

AMG GT RとBMW M4 CSは何とかコース内に留まっているような印象だったのに対し、GT3はと言えば、タイヤが温まってくると、進行方向への安定性も高くなり、大きな違いが見られた。

ポルシェはここ20年ほどに渡って、911のGTシリーズを数多くリリースしてきたが、その全てが、グリップの余力やトラクションの状態が明確な、豊かなコミュニケーション力を得ていた。

それは、コントロールに対する自信につながり、性能のギリギリなのか、まだ余裕が残っているのか、把握を可能とする。だから、他のクルマのドライビングに少し疲れた状態で、わたしは911 GT3に乗り込んだのだが、この悪天候でも、ハンドリングは素晴らしいだろうと期待していた。

走り出すと、911 GT3で3周もしないうちに、カッスル・クーム・サーキットの印象が変化した。他のクルマでは感触がはっきりせず、ブレーキングしにくかった高速コーナーは、GT3なら路面状況を感じ取ることができる。

グリップしやすいライン、路面のくぼみや左右の傾き、バンプやうねりなど、マクラーレンとケータハム以外、感取できなかった表情だ。ただし、路面は滑りやすいことは十分わかっていたが、非常に賢いESPシステム(PSM)に、数回は助けられているはず。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事