ドライバーズカー選手権2017(4) トップ3を発表

公開 : 2018.01.04 15:40  更新 : 2018.01.04 16:45

911 GT3 そのまま優勝か?

500psを誇る911 GT3は鋭いことに違いはないが、鮮明で表情豊かなステアリングレスポンスが、若干だが柔らかくフィルタリングしてくれる。

またサスペンションは、路面状況や起伏状態を細部まで読み取らせてくれるから、スピードを上げても下げても、ドライバーの意図のすべてを、クルマが受け止めてくれる。

「素晴らしいステアリング、エンジンに加えて、クルマがどんな状況なのか、しっかり掴むことができる。全てが期待以上だ」とプライヤーはまとめた。プロッサーもGT3のエンジンを驚異的とし、ドライブトレインはこの世のものとは思えないと、讃えている。

このように、雨天と戦うことになったBBDCコンテストは、ポルシェ911 GT3が、最優秀の座を射止めつつあった。

しかしこの後、予想していなかったのだが、わずかな残り時間でカッスル・クーム・サーキットの路面が乾いてきたのだ。

ラップタイムは、その評価には影響しないという認識はあったが、利用時間の終了が迫るなか、サーキットへ急いで出て行くドライバーたち。2017年のベストなドライバーズカーを選出するのに、クルマの限界領域まで踏み込んで、完璧なテスト走行を行なう、最後のチャンスとなる。

突然、今までの足かせが外された。アストン マーティンは、ウェットコンディションでは秀逸だったが、ドライになった途端、いいクルマには違いないが、大きさと重さを強く感じさせるGTカーとなってしまった。

一方で、強烈な加速力と安定性を持つマクラーレンと、9000rpmからレッドゾーンとなる孤高のポルシェとの、サーキット・アタックによる一騎打ちとなった。

2017年のBBDC(Britain’s Best Driver’s Car:イギリスのベスト・ドライバーズカー)選考は、このように最後の最後まで、もつれることとなったのだ。

ドライバーズカー選手権2017(最終回)につづく。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事