ドライバーズカー選手権2017(4) トップ3を発表

公開 : 2018.01.04 15:40  更新 : 2018.01.04 16:45

割れるそれぞれの「推し」

わたしとしては、ドライビング・フィールとその正確性が非常に鮮明で輝いていたこともあって、シビック・タイプR GTが最終選考から外れたのは残念。

プライヤーは、500psの後輪駆動にも関わらず、その運転のしやすさから、アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオがトップ3の1台だと考えていたようだ。

プロッサーは、ケータハム・セブン420Rドニントン・エディションが持つコミュニケーションの豊さと、悪天候においても不安感の少ないドライバビリティの良さを主張した。

全て、価値のある意見だ。

結果として、4人の審査員のうち、ふたりずつ最優秀としたクルマがあり、その評価が組み合わされた順位となっている。よって、アストン マーティンDB11 V8は3位ではあるが、マクラーレン720Sとポルシェ911 GT3との順位には、決定的な差はないのかもしれない。

もし今回のテスト状況を知らない状態で、ノミネート車両11台のなかから主観的に3台のドライバーズカーをピックアップするとしたら、ある程度の推測ができただろう。でも、火曜日の朝9時過ぎの、空一面雲に覆われた雨天の日に、720psのミドシップ・スーパーカーや、カップタイヤを履いた911のサーキット仕様を選ぶだろうか。自分のクルマだったら、晴れるまで待っているはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事