メルセデスSクラス vs アウディA8 vs BMW 7シリーズ 大型高級セダン対決 後編

公開 : 2018.01.29 18:10  更新 : 2018.01.29 18:49

前編は、おもに居住環境をきっちりとテストしました。後編は「走り」。そして勝者は? Sクラス、A8、740Ldの高級大型セダン比較です。

もくじ

前編
ラグジュアリー・サルーンという伝統
Sクラス/A8/7シリーズ 三つ巴
3台の候補者 スペック/装備詳細
「ボス席」に見る、各メーカーの流儀
後部座席、いちばんになったのは?

後編
室内で体感 空気の冷たさ、あたたかさ
インフォテインメントに見られる優劣
モードは「一時の気晴らしのようなもの」
7シリーズだけが「ほかと少し違う」
番外編 ほかにもあった2台の候補

室内で体感 空気の冷たさ、あたたかさ

クルマを長く使う人は、ジャーマン・リムジンは現代のほかのクルマと比べてインテリアの素晴らしさが2倍は長持ちしてほしいと思うだろう。

今日の3台は皆そのような感じだが、メルセデスとアウディはそれぞれ違ったやり方で驚かせてくれるのだ。

A8ではポリッシュされた素材の仕上げが驚くほど均一で、素材の組付けも精緻極まりない。うっとりさせるような装備品はすべて触っても完璧だ。

しかし、A8のキャビンは控えめでフォーマルな雰囲気。信じられないほどきっちりとしているが、反面、たやすく触るのをためらわせるような感覚がある。

Sクラスは明らかによりあたたかい。素材もリッチで本物の贅沢を味わせてくれるクルマだ。メルセデスのインテリアはアウディほど前衛的ではなく、A8では最小限にまで減らされたスイッチ類がSクラスにはたくさんある。

それでもフラット・スクリーンの計器盤と隣のインフォテインメント・スクリーンは巧妙なバックライトでダッシュボードの前に浮き上がっているように見え、アウディよりも技術の先進性を強くアピールしている。

また、メルセデスのスクリーンには指の跡が付かないので、指紋が残るA8のタッチスクリーンよりも見た目がきれいだ。

一方、アウディのインフォテインメント・システムの操作は、厄介で面倒くさい作業の始まり。詳しく見ていこう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事