ブラバムBT62 グッドウッドで走行 710psの超軽量ハイパーカー

公開 : 2018.07.14 19:10

710ps 車重1t未満

台数限定生産されるBT62は、5.4ℓV8NAエンジンを搭載し最大トルク68.0kg-mのサーキット専用2人乗りハイパーカーだ。カーボンファイバー製ボディにより車重はわずか972kgに抑えられ、パワーウエイトレシオは730ps/tだ。

比較のため、75万ポンド(1億1100万円)のマクラーレン・セナは800psの4.0ℓツインターボを搭載し、車重は1283kgだ。

ブラバム・オートモーティブはこのクルマについて「他にはない官能性を実現するため、特別に設計、開発、テストされました」と説明する。この車名はモーター・スポーツ・ディベロップメンツという名称で知られるジャック・ブラバムのチームに由来するものだ。このチームは30年の歴史において、4回のドライバーズチャンピオンシップと2回のコンストラクターズチャンピオンシップを獲得している。

デビッド・ブラバムはBT62を「進化するブラバムの歴史の新たな1ページ」であり、「伝統あるブラバムの名称を引き継ぐに値するクルマ」と評している。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『ブラバムBT62 グッドウッドで走行 710psのハイパーカー』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

グッドウッド・フェスティバル2018の人気画像

×