ボルボ XC40に3気筒ガソリン「T3」 英国価格は392万円

公開 : 2018.08.23 06:10

ボルボは、英国向けの小型SUV「XC40」に、新設計の3気筒ガソリンエンジンを設定し、新たなエントリーグレードとしました。既存の2.0ℓ4気筒のガソリン/ディーゼルにも手を加え、パフォーマンスおよび環境性能の向上を図ります。

ボルボ初の3気筒ガソリンを導入

ボルボは英国のXC40のラインナップを拡大し、新開発の3気筒ガソリンエンジンを追加した。さらに、4気筒のガソリンおよびディーゼル・ユニットも刷新された。

新たなエントリーグレードとなるT3は、ボルボ初の3気筒となる1.5ℓターボを搭載する。156psと27.0kg-mを発揮し、0-100km/h加速は9.4秒だ。理論上の燃費は16.1km/ℓを達成し、CO2排出量は144g/kmとなる。

標準で6速MTが組み合わされるが、8速ATも今年中にオプションとして追加される。T3の牽引能力は1.6tまでに制限されている。「モメンタム」では2万7610ポンド(392万円)からとなる。

新型T3に加え、ジャガーEペースのライバルとなる2.0ℓ4気筒エンジンにも手が加えられた。T4ガソリンは190psを発揮し、標準で8速ATを介して四輪を駆動する。0-100km/h加速は8.5秒だ。

一方D3ディーゼルは、149psを発揮しその最大トルクは32.6kg-mとなる。0-100km/hのタイムはその仕様により9.6秒から10.1秒の間となるようだ。MTとATの両方が用意されるとともに、駆動方式もFFまたは4WDとなる。燃費は20.5km/ℓを達成する。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事