試乗 ジープ・ラングラー新型(JL型) 2ℓターボ/3.6ℓV6 オンとオフで乗り比べ

2018.10.25

「買い」か?

取り回し系運転支援は装備

助手席ドアには左側側面を映し出すモニターが装備。前後確認用のモニターも採用され、周辺死角の広いオフローダーの扱いを容易にしている。パークアシストなどの取り回し面の運転支援は充実しているものの、ACCやLKAといった次世代標準となる先進システムは採用されていない。

しかし、それを肯定はできないまでも、これだけあれば十分と思わせるところもラングラーだ。このクルマは「ジープ」なのである。

オフローダーを生活の場で使うのは効率が悪い。ただ、本気のオフローダーは性能を追求するという意味ではスポーツカーのようなもの。スポーツカーと比べればずっと実用的であり、適応用途も広い。何よりオンロード前提のクルマでは体験できない走りの世界や風景を手に入れられるのが魅力である。

価格は5ドアのターボ車で約500万円から。輸入プレミアムSUVの中堅クラスと同等である。ランドクルーザー・プラドの上級モデルと同価格帯に入り、このサイズの本格オフローダーとしてはコスパも上々だ。オンロード前提のクルマでは得られない体験や風景を手に入れたくてSUVを選択するなら、これほど魅力的なモデルはない。

 
最新試乗記

人気記事