試乗 ジープ・ラングラー新型(JL型) 2ℓターボ/3.6ℓV6 オンとオフで乗り比べ

2018.10.25

オフロード 前日の雨の影響は?

試乗に用いられたのは「さなげアドベンチャーフィールド」。初級から上級まで様々なコースが用意されている。初級ー中級くらいでまとめるのがSUVの試乗会では一般的だが、今回は中級コース設定。

しかも前日の雨で地盤が緩み準上級くらい。クロスオーバー系では無事な踏破が難しいレベルであり、自信の程が窺える。

ここでもターボ車とV6車を試したが、ターボ車の装着タイヤはオールテレイン。急登坂では掘れた窪みや岩面が出ている場所もある。

「平気か?」と思ったが、何事もなく踏破できてしまった。

V6車はマッド装着だが、オールテレインで平気なのだから、こちらは余裕である。

各輪の接地を確かめるように進めていく時に意外と重要なのが駆動力コントロール。勢いで乗り切る時もあるが、車体を暴れさせないように、適切な速度とサスストロークとなるように細かく加減速コントロールを行う。この時のコントロール性がいい。ここで一瞬持ち上げるようにみたいな駆動制御がうまく決まる。

オフロード職人にでもなった気分だ。

 
最新試乗記

人気記事