試乗 ジープ・ラングラー新型(JL型) 2ℓターボ/3.6ℓV6 オンとオフで乗り比べ

2018.10.25

ラングラーの魅力は「車体」

しかも、降坂制御(ヒルディセント)も装備されている。ただし、4Lモードを選択した時のみ使用可能。今回の試乗では4Hパートタイムモードを選択したので、滑りやすい急降坂もフットブレーキと変速のみでこなす。

ラングラーの踏破性にしてみれば、このくらいで4Lモードなど不要。さらに厳しい状況への備えが4Lモードや降坂制御というわけだ。

オフローダーの楽しさ満載なのは走行性能だけではない。車体も凄い。5ドアのワゴン型ボディだが、正真正銘のハードトップを採用し、ウェストラインから上は前席上部と後半の2分割で着脱可能。

車載工具でドアも外せて、フロントウインドウも前倒できる。ハードトップを外せばがっちりしたロールバーがあり、オフローダー特有のハード&タフネスな印象は一層強烈になる。

ドア取り外しやフロントウインドウ前倒で公道走行はできないが、それを楽しむために今回のオフロードコースのような場所に遊びに行きたくもなる。これもラングラーの大きな魅力のひとつである。

 
最新試乗記

人気記事