試乗 ジープ・ラングラー新型(JL型) 2ℓターボ/3.6ℓV6 オンとオフで乗り比べ

2018.10.25

どんな感じ?

オンロード 本格オフローダーとして十分

乗用車がモノコック車体と独立懸架を採用するのは半ば常識。フレームと前後リジッドの組み合わせで乗用車としての総合性能や走りの質で上回れるわけもない。乗用車視点ではラングラーの走行感覚はトラック的である。オンロードの単純な優劣では最新のクロスオーバー系プレミアムSUVに劣って当然だ。しかし、問題は今の乗用車に慣れたドライバーが許容できるかなのだ。

ちょっとした段差でもバネ下重量の重さや車軸規制の緩さを感じる揺するような振動が発生する。軸周りがバタつくのだ。ただ、不快な印象はない。一昔前のオフローダーのような収束の悪さはなく、鷹揚さとして捉えられるレベル。オンロードに焦点を絞ったモデルほどの質感はないにしても、一般路や高速を長時間走行を快適に過ごすに十分な乗り心地である。

運転感覚も「鷹揚」で括れてしまう。パワートレインは2ℓターボも3.6ℓのV6も微妙なコントロールにも反応がよく、急加速も頻繁な発進加速でも扱いやすい。癖がなくペダル操作に従順。思った通りの加速を得られる。ハンドリングは過敏さ皆無ながらラインを乗せやすい。丼勘定と言っては語弊があるが、修正が必要な応答遅れや揺れ戻りもないので、大概は「だいたいこんな感じ」というような操舵で済むのだ。

一般的なスポーティカー・ファンは許容できないテイストかも知れないが、SUVユーザーなら問題ないだろう。というか個人的にこういった鷹揚さも好きなのだ。

とはいえラングラーの本領が発揮されるのは、やはりオフロード走行である。

 
最新試乗記

人気記事