マイチェン新型レクサスRC 空力、タイヤ、サスを改良 外観/内装/価格

2018.10.31

改良新型「レクサスRC」が、日本発売されました。外観はクーペらしいデザインに変更。走行性能は、空力や足まわりにメスを入れています。内装/価格についても、ご紹介します。

もくじ

改良新型レクサスRC 外観
改良新型レクサスRC 走行性能
改良新型レクサスRC 内装/価格

改良新型レクサスRC 外観

レクサスは、クーペ・モデルの「RC」をマイナーチェンジし、本日発売した。

改良新型RCは、LCで培った新世代のデザイン・走りを継承し、スポーティなイメージはそのままに、LCの流れを汲むエレガントなエクステリアデザインを目指した。また、高い質感や快適性に加え、運転の愉しさを際立たせるインテリアとしている。

さらに、空力性能の向上やタイヤ、サスペンションなどの主要部品を改良したほか、2.0ℓターボ・エンジンの特性やステアリングフィールにいたるまで作りこみを実施。ドライバーの運転操作に忠実な高い操縦安定性と、フラットな車両姿勢による優れた乗り心地を実現したという。

外観は、ヘッドランプから下に伸びるバンパーコーナーの造形や、上下で開口比率を徐々に変化させたメッシュパターンのスピンドルグリルなど、特徴的なデザインを採用。また、超小型三眼LEDヘッドランプユニットを縦方向に配置し、L字型のLEDクリアランスランプと組み合わせた。

リアは、バンパーコーナーにエアダクトを設け、優れた操縦安定性を実現するとともに、タイヤの踏ん張りを強調する造形で、走行性能の高さを表現。また、リア・コンビランプをL字がより際立つデザインとすることで、レクサスクーペとしての記号性を強調している。

ボディカラーは、スポーティさを際立たせる新規設定色ネープルスイエロー・コントラストレイヤリングやスパークリングメテオメタリックを含む全11色を設定。

Fスポーツは、ブランド統一の新しいFメッシュパターンをはじめとする、専用の内外装アイテムのほか、力強いデザインの専用19インチアルミホイールを採用した。

 
最新国内ニュース