新型メルセデス・ベンツBクラス 英価格が発表 邦貨換算390万円〜

公開 : 2018.12.05 19:10

新しいデザイン言語を採用 ボディサイズはわずかに拡大

新型Bクラスはワンボックス型のシルエットを継承しているが、メルセデスの最新のデザイン言語を反映し、より滑らかなボディとなっている。さらに、Aクラスと同様のプレデーターフェイスが採用されている。

全長(4359mm)、全幅(1786mm)、全高(1557mm)は先代よりもわずかに大きくなり、ホイルベースは2929mm、Cd値は0.24となっている。ライバルはBMW 2シリーズアクティブツアラーだ。オーバーハングを切り詰めることで、キャビンのスペースを最大限確保している。ホイールサイズは16インチから19インチまでと幅広い。

4種類のエンジン 来年には四輪駆動モデル追加も

エンジンはそれぞれガソリンとディーゼルが2種類ずつで、計4種類から選択することができる。B180(136ps、22.3kg-m)とB200(163ps、25.4kg-m)は4気筒1.33ℓのM282ガソリンエンジンを搭載する。一方で、新しい2.0ℓディーゼルエンジンはB200d(149ps、32.6kg-m)とB220d(191ps、40.8kg-m)に搭載される。ガソリンと1.5ℓディーゼルモデルには7速のギアボックスが、2.0ℓディーゼルには8速ディーゼルが組み合わされる。

1.5ℓディーゼルを搭載するB180d(116ps、26.5kg-m)は追って導入される。さらに、来年にはほかのエンジンや四輪駆動仕様も用意されるという。

サスペンションは先代の俊敏さを引き継ぎつつ、さらに高い快適性を目指して開発されている。フロントはマクファーソン、リアはツイストビームが標準で、オプションで電動ダンパーも選択可能だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツの人気画像

×