韓国サンヨン、ダカール・ラリーに V8搭載「レクストンDKR」発表

公開 : 2018.12.05 20:10

サンヨンは新型レクストンDKRを発表しました。来月のダカール・ラリーに参戦予定。スペインを拠点とするサンヨン・モータースポーツによって開発され、スペイン出身のオスカー・フルエテスがドライバーに。リアに456psのV8を搭載しトルセンLSDを備えた6速シーケンシャルを介して後輪を駆動。

サンヨン、レクストンDKRでダカール・ラリーに

サンヨンは新型レクストンDKRを発表した。来月行われるダカール・ラリーに参戦予定だ。スペインを拠点とするサンヨン・モータースポーツによって開発され、スペイン出身のオスカー・フルエテスがドライバーを務める。

ダカール・ラリーは11日に渡る長距離ラリーであり、1月6日から17日までペルーで行われる。

レクストンDKRはチューブラーシャシーを持つデューンバギーで、オリジナルのレクストンとは名前やエクステリアの特徴を共有するのみだ。

リアに456psのV8を搭載し、トルセンLSDを備えた6速シーケンシャルを介して後輪を駆動する。

車重は1900kg以下で、サンヨンによれば0-100km/h加速は4.4秒、最高速は196km/hだという。二輪駆動ガソリンエンジン部門であるT1-3に出場する。

今年のダカール・ラリーはステージのほとんどが砂漠である。そのため、レクストンDKRは17インチタイヤとダブルアームサスペンションを装備して、平らでない砂地に対応できるよう仕上げられている。

フエルテスとコ・ドライバーのディエゴ・ヴァレージョはスペイン国内のラリー選手権で優勝した経験も持つ。昨年のダカール・ラリーにはサンヨン・ティボリをベースにしたマシンで出場し、初出場チーム内2位、全体32位でゴールしている。

 

人気記事