試乗ポルシェ・マカン マイナーチェンジ 2ℓ4気筒 エントリーグレードを評価

公開 : 2018.12.12 12:23  更新 : 2018.12.12 17:04


ディーゼルエンジンは不在

インテリアには、ポルシェの新しいデザインスキームが散りばめられている。インスツルメント・パネルは4.8インチのTFTモニターに置き換わり、ダッシュボード中央の10.9インチモニターには、クルマの各情報やナビゲーション、エンターテインメントなどを表示できる。モニターの周りには操作用のボタンやボリュームスイッチが並んでいる。

運転支援システムとして、クルーズコントロールには「交通渋滞」モードが追加され、低速域でなら発進から停止まで対応。またナビゲーションは、周辺状況に基づいた渋滞情報を表示できるほか、オフロードでのガイドも可能となっている。

新しいマカンにはグレードを問わず、今後数年間はディーゼルエンジンは搭載されないそうだ。最新のディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンに引けを取らないほど排気ガスがクリーンで、SUVにはピッタリの太いトルクを生み出し、CO2の排出量や燃費の面でも有利なのにも関わらず。

ポルシェへディーゼルエンジンを供給していた、フォルクスワーゲンが起こした排気ガス検査の不正「ディーゼルゲート」によって、ポルシェのお膝元、ツフェンハウゼンは未だに供給元へ懐疑心を持っているのかもしれない。わたしには明確な理由はわからないのだが。

理由はともかく、マカンにディーゼルエンジンがラインナップされないということは、ランニングコストを考えると、販売台数には少なからず影響を及ぼすだろう。英国をはじめとするヨーロッパでは特に、減少傾向とはいえ、ディーゼルの人気は根強く、特にSUVではその傾向は顕著。またマカンには、カイエンやパナメーラと違って、ハイブリッドシステムを備えたグレードも存在しないのだから。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事