試乗ポルシェ・マカン マイナーチェンジ 2ℓ4気筒 エントリーグレードを評価

公開 : 2018.12.12 12:23  更新 : 2018.12.12 17:04


「買い」か?

ベストハンドリングの素のマカン

結果として、この2.0ℓのエントリーグレードこそ、マカンで一番優れたハンドリングを備えているだけでなく、SUVというカテゴリー全体でも、ベストのハンドリングを備えている。

最新のアルミニウム製プラットフォームをベースにしたクルマ、という点も、そのハンドリングには大きく影響を与えている。既にマカンはエンジンサイズに関わらず、ライバルよりも一歩先ゆく完成度を持っていた。そして今回のマイナーチェンジによって、このクラスでは最も楽しめるクルマとして、さらに一段、完成度は高まった。もちろん、この2.0ℓのマカンがそれを示している。

ポルシェというブランドでありつつ、スポーツカーではないことに抵抗があるひともいるだろう。しかし、SUVでこれほどの走りを体験させてくれるクルマは、これまでなかった。スペック上はやや見劣りする部分もあるかもしれないが、最も面白く扱いやすい、バランスに優れたグレードこそ、素のマカンだといえる。

ポルシェ・マカンのスペック

価格 4万6344ポンド(671万円)
全長×全幅×全高 4696×1923×1624mm
最高速度 225km/h
0-100km/h加速 6.7秒
燃費 12.3km/ℓ
CO2排出量 185g/km
乾燥重量 1795kg
パワートレイン 直列4気筒1984ccターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 245ps/5000rpm
最大トルク 37.6kg-m/1600rpm
ギアボックス 7速デュアルクラッチ・オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事