新型M・ベンツAクラス プラグインハイブリッド「A250e」を準備中

公開 : 2019.07.01 18:13  更新 : 2019.07.01 18:24

メルセデス・ベンツが、AクラスのPHEV車「A250e」を、9月に発表する見込みです。1.3ℓ直4ターボに、最大トルク30.5kg-mのモーターを組み合わせ、電気のみで60km走行します。

A250同等のパフォーマンス

メルセデス・ベンツが、新型Aクラスのラインナップに、ガソリン・エンジンと電気モーターを組み合わせた新しいプラグインハイブリッド・モデルを、欧州市場に投入する準備を進めている。

ますます拡大しつつある「EQ」シリーズに加わるこの「A250e」は、電気のみの駆動力で航続できる距離が、60kmに達するとされている。

A250eのエンジンは、既存のA200と同じ1.3ℓ直列4気筒ガソリン・ターボで、最高出力163psと最大トルク25.5kg-mを発揮。さらにギアボックスに搭載された電気モーターが102psと30.5kg-mを発生して、エンジンをサポートする。

メルセデス・ベンツの内部筋によると、この組み合わせによるパフォーマンスは、既存のA250とほぼ同等になるという。

A250eのギアボックスは、先日発表された新型Bクラスを含め、今後メルセデス・ベンツの多くのコンパクト・モデルで使われることが既に確認されている新開発の8速オートマティックになる見込みだ。ただし、ハイブリッド・パワートレインの強大なトルクに対応するため、専用の調整が施されるだろう。

ライバル車となるBMW 2シリーズ/フォルクスワーゲン・ゴルフと比較してみよう。

 

人気記事