【自然吸気V10エンジンの美魔女】BMW M6 中古購入、注意すべきポイント 維持費は後回し?

公開 : 2020.01.04 08:50

BMW M6の中古車 購入時の注意点

警告灯が点灯したら、軽視せずに確認しておく。エンジンやブレーキ、タイヤの空気圧センサー、エアバック、スタビリティコントロールなどに関連する不具合を教えてくれる。修理が重なると、恐ろしい金額が必要になることも。

BMW M6(2代目E63型)
BMW M6(2代目E63型)

専門家の意見を聞いてみる

ジャック・デイ(Mパワー・カーズ社)

「数多くのMシリーズのクルマを売買していますが、M6は最近目にしていません。いつショールームにあったかも記憶にないですね。多くの人を悩ませるのが、信頼性の低いSMGトランスミッションです。現代のツインクラッチ・オートマティックとは異なります」

「当時のBMW固有のもので、不具合が起きると修理にはかなりの費用が必要です。保証をつけるとしても、大きな金額が必要となるでしょう。機構が複雑という理由で、コンバーチブルにも気をつけたいところです」

「クーペのM6はサルーンのM5より速く、実用性で多少劣っていてもスタイリングは魅力的、という良い面もあります。強力な自然吸気エンジンは今では希少で、需要も高まってきています」

掘り出し物を発見

BMW M6 登録2007年 走行8万2070km 価格1万6495ポンド(230万円)

個人売買によるもので、強気な価格は交渉も可能。フェイスリフト後のモデルで、BMWディーラーによる整備記録と、延長保証も付いている。交換済みの新しいクラッチとフライホイールは、安心材料となる。

BMW M6(2代目E63型)
BMW M6(2代目E63型)

関連テーマ

人気テーマ