【自然吸気V10エンジンの美魔女】BMW M6 中古購入、注意すべきポイント 維持費は後回し?

公開 : 2020.01.04 08:50

不具合を起こしやすいポイント

エンジン

バルブ周りからの異音がないか確認する。ターミナルクランクが故障する前に、エンジンの警告灯で教えてくれる場合もある。コンロッド・ベアリングなどの不具合を防ぐためにも、定期的なオイル交換の履歴も確認したい。

スロットルボディとアクチュエーターも確認する。調子の良いエンジンでも、1600km毎に1Lくらいのエンジンオイルは消費する。

トランスミッション

BMW M6(2代目E63型)
BMW M6(2代目E63型)

優しく乗られていたクルマでも、クラッチは8万km程度で駄目になる。傷んでいる場合は赤い歯車の警告灯がダッシュボードに表示される。変速フィールは街中では優れないが、スピードが増すにつれて滑らかになってくる。

調子の良いSMGなら発進時はスムーズで、リバースに入れてもシフトショックは生じない。振動、ジャダーリングが出る場合、クラッチリリース・ベアリングとガイドブッシュの修理が必要。比較的安価で済むはず。

2006年に登場したSMG3は、それ以前のものと比べて信頼性は良い。リアデフからの異音や振動は通常ならない。フルード漏れも確認したい。

サスペンションとステアリング、ブレーキ

ステアリングホイールを切った時に振動が出るのは、コントロールアームが傷んでいる証拠。電子制御ダンパーの交換は高価。ダンパーは1本600ポンド(8万円)はする。

ブレーキパッドやディスクの摩耗にも注意。サイズオーバーのアルミホイールは、フェンダーを擦る場合がある。タイヤはプレミアムブランドのものが理想的。

ボディとインテリア

ヘッドライト内に水が溜まっていないか確認する。屋根からの排水口が塞がると、車内が濡れてしまう。激しい運転を繰り返すと、iコントローラーがフリーズする場合がある。

関連テーマ

人気テーマ