[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

広がる喜び BMW M8コンペティション・コンバーチブルに試乗 624psは過剰気味

2019.11.17

100字サマリー

優れた走行性能を備えたBMW 8からルーフを外せば、広がるのはグランドツアラーとしての楽しさ。クーペと比較しても走行性能や快適性も大きく損なうこともない、と英国編集部は評価しています。ポルトガルで試乗しました。

もくじ

最も高価なモデルの最も高価な仕様
興奮を抑えきれない高速コーナーの加速感
良さを一般道では味わいきれない
ドライビングの体験を一層豊かに
BMW M8コンペティション・コンバーチブルのスペック

最も高価なモデルの最も高価な仕様

text:Richard Bremner(リチャード・ブレンナー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
現在のBMWのラインナップで最も高価なモデルの、最も高価な仕様となるのがM8コンペティション・コンバーチブル。4シーターのボディに624psのV8ターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は3.4秒という素早さだ。

Mドライバーズ・パッケージを選択すれば、リミッターが解除され最高速度は305km/hに到達する。しっかり断熱材も仕込まれたファブリック・ルーフをリアデッキに収納させれば、最高速度は少し遅くなるが、それでも劇的な体験であることは変わりない。

BMW M8コンペティション・コンバーチブル
BMW M8コンペティション・コンバーチブル

ドライビングモードに応じて、M5のように巨大なトルクを後輪のみへ届けることもできる。スリル満点の後輪駆動のドライビングマシンに変えることも可能だ。

ゴージャスなキルティング加工されたレザー張りのシートに腰掛けた充足感は素晴らしい。だが運転し始めの複雑さが、ドライバーを悩ませるかもしれない。

ステアリングホイールにはM1とM2と書かれた、赤く染められたレバーが見える。複雑にレイアウトされたセンターコンソールには、Mモードとセットアップと書かれたものと、マフラーのアイコンが書かれたボタンが並ぶ。

説明書を読み込まなければ、その役割の理解は難しい。ガラスが美しいシフトレバーの操作パターンは、一般的ではないから慣れが必要となる。

 
最新試乗記