【瞬発力はAMG C 63以上】メルセデスAMG CLA 45 Sシューティングブレークへ試乗

公開 : 2020.07.17 10:20

スタイリング優先の実用性

極端な状態下では、すべてのトルクを前輪か後輪へ分配することが可能。もちろん前後50:50にもできる。ドライバーがクルマの挙動を選べる、多くのドライブ・モードも搭載する。

サーキットでは、最高の走りを楽しめる。同時に、最も穏やかなドライブ・モードを選択すれば、そんな荒々しさは微塵も感じられない。

メルセデスAMG CLA 45 Sシューティングブレーク(英国仕様)
メルセデスAMG CLA 45 Sシューティングブレーク(英国仕様)

前輪の間には、ハッチバックのA 45 Sと同じLSDを搭載。電動式パワーステアリングとデュアルクラッチAT、アダプティブ・サスペンションも譲り受ける。

インテリアも共通点が多い。明るく目を引くモニターと、Aクラスのように若干省コストを感じる部分に納得できれば、きっと気にいるはず。個人的にAMGなら、もっと本物の金属を使用してほしいところだ。

フロントには、AMG製のシリアスなバケットシートが2脚並ぶ。その結果リアシートの膝周りは、やや制限を受けている。頭上空間も、必要充分という程度。

ファミリー・ワゴンとして気になったのが、リアドア内張りの握り部分。乗り降りする際、足に引っかかる形状で突き出ているようだ。

スタイリング優先のステーションワゴンだから、荷室容量もリアハッチの開口部も、妥協はある。本格的な高性能ワゴン、フォルクスワーゲン・ゴルフRエステートなどには並ばない。そもそも、メルセデス・ベンツは初めから承知済みなはず。

実用性だけを見れば完全とはいえない。しかし、ハッチバックのA 45やサルーンのCLA 45の実用性を高めたと考えれば、不満はないだろう。長尺の荷物もちゃんと収容できる。

 
最新試乗記

人気記事